About

ロータリークラブとは

HOME > ロータリークラブとは

私たちは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人びとが手を取り合って行動する世界を目指しています。

1905 年にシカゴで創設されたロータリーでは、110年以上、さまざまな職業をもつ人や市民のリーダーが「世界を変える行動人」となり、その経験と知識を生かして社会奉仕活動や人道的活動に取り組んできました。

識字率向上、平和構築、水と衛生の改善など、幅広い分野で持続可能な影響をもたらすために、ロータリーの会員は毎日、世界のどこかで活動しています。

Activityロータリーの活動

切迫した問題が山積みとなっているこの世界で、私たちは単なる傍観者ではなく、自ら行動する責任があると考えています。ロータリーは以下の分野に重点を置いて活動しています。

  1. 1 .平和の推進
  2. 2 .疾病との闘い
  3. 3 .水と衛生
  4. 4 .母子の健康
  5. 5 .教育の支援
  6. 6 .地元経済の成長

Polioポリオ根絶における
ロータリーの取り組み

ロータリーでは、ポリオ根絶というチャレンジを成し遂げるために、世界各地の会員とサポーターが力を合わせて活動しています。

Missionロータリーの使命

ロータリーの使命は、職業人と地域社会のリーダーのネットワークを通じて、人びとに奉仕し、高潔さを奨励し、世界理解、親善、平和を推進することです。

Philosophyロータリーの理念

1905年、そのころ経済恐慌で人心の荒れすさんでいたアメリカ社会、特にシカゴの状態を憂えた、青年弁護士ポール・P・ハリスが、3人の友人と語らって、2月23日、第一回の会合を開いたのが、ロータリークラブの誕生であります。

ロータリーとは、会員が持ち回りで順番に、集会を各自の事務所で開いたことから名付けられました。
国際ロータリーのもとに、世界各国でロータリークラブは着実に成長し、ロータリアンが各種奉仕活動をおこなっております。

Purposeロータリーの目的

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにあります。

  1. 1 .知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること

  2. 2 .職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること
  3. 3 .ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること
  4. 4 .奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること(RI定款第4条、標準クラブ定款第4条)

Historyロータリーの歴史

ロータリーは、一人のアメリカ人のビジョンによって始まりました。その人の名は、ポール・ハリス。

シカゴで弁護士として働いていたハリスが、世界初のロータリークラブ(シカゴ・ロータリークラブ)を設立したのは、1905年2月23日。さまざまな分野の職業人が集まって知恵を寄せ合い、生涯にわたる友情を培うことのできる場をつくることが、ハリスの夢でした。

設立以来、ロータリーは徐々に人道的奉仕にも活動を広げ、今ではさまざまな職業や文化をもつロータリー会員が日々、さまざまな課題を解決するために草の根の活動や国際的な取り組みを行っています。

Five Great Service五大奉仕

クラブ奉仕
クラブの機能を充実するため、会員がとるべき行動
職業奉仕
事業職務の道徳水準を高め、自己の手腕を社会に役立てる
社会奉仕
地域の人々の生活を高めるため、会員が行う様々な取り組み
国際奉仕
あらゆる情報を基に、他国の人々を助ける、会員が行う取り組み
青少年奉仕
社会・国際奉仕、異文化理解により若者の良好な変化に導く

Tests四つのテスト

言行はこれに照らしてから

  1. 1 .真実かどうか
  2. 2 .みんなに公平か
  3. 3 .好意と友情を深めるか
  4. 4 .みんなのためになるかどうか

「四つのテスト」は1932年7月、シカゴのロータリアン、ハーバード・J・テーラーが提唱したことにはじまり、現在では世界中のロータリアンから、人々のあいだの尊敬と理解を育成する指針として用いられています。また、ロータリアンのみならず、多くの國の政府や地域社会、学校、実業社会などで正しいものの考え方、友好的な対人関係を育む物差しとして活用されています。

Occupation declaration職業宣言

事業または専門職種に携わるロータリアンとして、私には次の如く求められている。

  • 職業も奉仕の一つの機会とみること。

  • 職業の倫理的規範、国の法律、地域社会の道徳的基準に対し、名実ともに遵守すること。

  • 自己の職業そのものの品位を保ち、自ら選んだ職業において、最高度の倫理的基準を推進すべく全力を尽くすこと。

  • 雇主、従業員、同僚、同業者、顧客、公衆、その他事業または専門職務上関係をもつ全ての人々に対して、ひとしく公平であること。

  • 社会に有用な全ての職業に対し、当然それに伴うべき名誉と敬意を表すこと。

  • 自己の職業上の手腕を捧げて、青少年に機会を開き、救済を必要とする人々のニーズに応え、地域社会の生活の質を高めること。

  • 広告に際し、また自己の事業または専門職務に関して、これを世に問うにあたっては、正直であること。

  • 事業または専門職務上の関係において、通常でない便宜や特典を、同僚ロータリアンに求めず、また与えないこと。